春日大社とその周辺の藤
春日大社砂ずりの藤 写真
 春日大社には古くより藤が境内に自生していたようです。又ここを古くから春日大社を信仰していた藤原氏が藤を意識されていたことから、奈良朝時代から藤が大切に取り扱われてきたようです。
  春日大社直会殿前には有名なの「砂ずりの藤」があります。美しい藤の花穂が1m以上垂れ下がり地面の砂を擦るほどのびることから、この名前がついています。
春日大社砂ずりの藤 写真
 この藤の木は樹齢約800年と古く鎌倉時代後期(1309)に書かれた絵巻「春日権現験記(かすがごんげんき)」にもこの場所に藤があったことが書かれています。花の種類はノダフジの変種といわれています。毎年穂の長さが変わるのですが、近年は地面につくほど穂が長く伸びていない気もします。 花の見頃は4月下旬〜5月中旬とゴールデンウイークと重なり観光客が多いので、ゆっくり藤鑑賞するには朝早く来るのが良さそうです。
  又特別拝観(500円)では春日大社回廊内に入れます。回廊内にある多賀神社にかかる藤を鑑賞することができます。こちらは人が少ないのでゆったりできます。
春日大社神苑 写真
 春日大社駐車場すぐ隣の神苑(万葉植物園)では20品種/約200本の藤が栽培されています。拝観料が必要なのですが、白、ピンク、紫の藤が咲き乱れます。早咲き、遅咲きと植えられており長期間楽しめます。
  神苑内には藤の園があり、そこはなんともいえない甘い香りが漂います。手入れ行き届き、しかもここは鹿に荒らされる心配もないので、藤の花が綺麗で長持ちするようです。
春日大社野生の藤 写真手向山八幡宮前藤 写真
 この時期、藤の楽しみ方はもう一つあります。それは野生の藤です。奈良公園内には野生の藤が数多く存在します。恐らくは鹿が種を食べて消化されずに、糞として出たものがどこかで発芽したと思うのですが、春日奥山原始林、飛火野、手向山八幡宮付近等に藤が点在します。
  低い位置の藤は鹿が食べてしまいますので、ある程度の高さからしか生えていません。しかも藤は上へ上へ伸びる性質なので、
野生の藤 写真
 なかなか下からだと気がつかない事も多いのですが、群生する野生の藤はとても綺麗です。
  特に春日奥山に群生する藤は山を覆うように生えています。双眼鏡を使わないと見れないような場所にあるので、注意してないと見つけられないのですが、迫力が違います。ただ、野生の藤は満開の時期がとても短く満開だった次の日に全部散っているなんてよくあることです。今年綺麗だったからと次の年に行ってみると、全然だめだったりととても気まぐれですが、ぜひ一度、野生に生き抜く一瞬の美しさを発見しに散策してはいかがでしょうか。
情報
  • 藤の花の開花時期
  • 4月下旬〜5月中旬(ゴールデンウイークの終盤がオススメの時期)
  • 春日大社
  • 特別拝観 500円 砂ずりの藤を見るのは無料です。 
  • 春日大社神苑
  • 藤の園開花 4月下旬〜5月中旬の内、約2週間開花
    拝観料 525円 AM9:00〜PM5:00(藤のシーズン時、日により最大PM7:00まで延長あり)
  • 駐車場
  • バス 2,500円 乗用車 1,000円
  • 交通規制
  • ゴールデンウイーク中、春日大社駐車場が満車になると通行規制が行われる場合があります。
  • お問合わせ
  • 春日大社神苑 TEL 0742-22-7788
地図・アクセス
春日大社地図
アクセス方法
JR・近鉄奈良駅より奈良交通バス「大仏殿・春日大社前」もしくは「春日大社表参道」下車、徒歩10分。※時間により「春日大社本殿前」行きもあり
関連リンク
 携帯に地図を転送できます。左のQRコードより携帯に読み込みアクセスしてください。携帯に地図が表示されますのでご活用ください。
※拝観料や入場料、時間などの情報は変更になっている場合がありますので、お出かけの前に事前に各社寺や観光センターにお問い合わせ下さい。
トップへ
春の観光 | 春日野奈良観光トップ
作成日 2008年05月19日
最終更新日 2009年10月09日