白樺派の文豪「志賀直哉」が昭和4年から9年間住んだ旧居(敷地435坪、建物134坪)が奈良にあります。春日山、若草山を見渡せるこの土地はほんとに静かです。現在は奈良文化女子大学のセミナーハウスになっていますが、有料で中を見ることができます。志賀直哉自身が設計したとされるこの旧居は和風、洋風、中国風の様式を取り入れ当時としては、大変進歩的で合理的なものであったようです。
 ここが、志賀直哉の書斎です。数奇屋作りの書斎はわざわざ京都から名大工を呼んで作らせたようです。ほとんどが当時のままで、あの「暗夜行路」はここで完成しました。ここは、執筆に関係ないものは一切排除し、余計なものを置かず、しかも子供達の立ち入りも禁じていたそうです。この部屋は中に入ることができませんが、窓越しに見学できます。ここは静かで、しかも窓から若草山が借景になった庭が見え、最高の環境で執筆活動していたのでしょう。
ここが有名な高畑サロンと言われるところです。文化人や画家などの憩いの場となっていたようです。端の壁にここを訪れた人の名前が記載されていました。武者小路実篤、谷崎潤一郎、・・・と知った名前がつらつらと書かれていました。数々の説明が部屋ごとにテープで流れるのですが、目を閉じて聞いていると、当時のここの情景が浮かぶようです。ここほんとに志賀直哉の息吹を感じられる場所ですね。志賀直哉が奈良を好きになったのもわかるような気がします。
JR・近鉄奈良駅より
奈良交通市内循環バス「破石町」下車徒歩5分

入館
AM9:30〜PM5:30(入館は5:00まで)(3月〜11月)
AM9:30〜PM4:30(入館は4:00まで)(12月〜2月)
定休日 月曜(貸切になります)
入館料 
高校生以上350円
中学200円
小学100円

>>奈良県の観光地図の拡大図はこちら >>行き方を調べる(Yahoo!路線情報)
>>奈良市観光センター >>奈良県観光情報 大和路アーカイブ
>>奈良県観光連盟  
 
このページを印刷する時の注意点はこちら
Copyright(c)  2017  Kasugano All Right Reserved.