若宮おん祭  若宮おん祭は1136年に藤原忠通が五穀豊穣を祈ったのがはじまりとされている行事で、時代行列や能楽の奉納などがされ今では、国の無形民俗文化財に指定されています。このおん祭りは24時間のお祭りで、まず17日深夜12:00になると春日大社横にある若宮神社から、御神体を一の鳥居と二の鳥居の間にあるお旅所に移されることから始まります。このときは、明かりも写真も禁止され雅楽の音色と共に、暗闇で御神体が移動していきます。実際に行ってみると、真っ暗闇の中しばらくすると、神官が目の前を火のついた木を引きずって移動していきます。それを竹でたたくと、落ちた火の粉が道になります。そしてその暗闇の中にできる火の粉の道の上を大勢の神官がご神体を隠すようにとりまき動いていきます。
 ご神体は絶対に目に触れてはいけないので、まず見る事が不可能ですが、ものすごく神秘的なものを感じれる儀式でした。寒い冬の夜なのですが、大学や高校からの見学も多く結構人がいました。
 さてこの祭のメインはPM12:00から行われるお渡り式と言われるもので、時代行列が奈良の町を練り歩きます。この日は特別で奈良市内のほとんどの学校がこの祭りの為に早く終わり、多くの子供も見学に訪れていました。上の写真は時代行列の野太刀で、長いものは5.5mもあり見るものを圧倒します。また大名行列がすばらしく、「見通し」と呼ばれる槍の先に鳥毛をつけたものを人から
若宮おん祭 人に投げて渡す様子が見事で見学者から拍手が沸き起こっていました。人だけでなく50頭近い馬も祭りに参加しています。あれ、よく見ると乗っているのは浜村淳さん。お祭りに参加されていたようです。お渡り式が終わると、今度はご神体が移されている「お旅所」で、社伝神楽という舞を正装した巫女さんが奉納します。たいへん華やいだものです。様々な舞が次々と奉納され夜の10過ぎまでが続きます。そして11時に還幸の儀でご神体がまた若宮社へ戻って行かれます。こうして大和の祭納めの行事が終わります。
JR・近鉄奈良駅よりすぐお渡り式が見学できます
12月17日
遷幸の儀
AM12:00-
お渡り式
PM12:00-PM2:00
お旅所祭
PM2:30-PM10:30
還幸の儀
PM11:00‐
>>奈良県の観光地図の拡大図はこちら >>行き方を調べる(Yahoo!路線情報)
>>春日大社(奈良ネット) >>春日大社(若宮おん祭)
>>奈良市観光センター >>奈良県観光情報 大和路アーカイブ
>>奈良県観光連盟  
 
このページを印刷する時の注意点はこちら
Copyright(c)  2017  Kasugano All Right Reserved.