仏教美術センターから3分ほど奈良公園内を歩くと片岡梅林のすぐ横にある円窓亭に到着します。鎌倉時代に建てられたこの建物は宝形造りでかやぶき、四方の板に丸い窓がくりぬかれていて非常に珍しいです。元々春日大社のお経の倉庫であったようです。明治27年に現在の場所に移築され、国の重要文化財にも指定されています。昼間に見るとそれほどでもないのですが、夜に見ると独特の雰囲気があっていいですね。
又ここのすぐ横には有名な浮見堂があります。大正5年に建てられたこの浮見堂は平成6年に再建されました。昔は「浮御堂」と書いていたのですが、神仏と関係がないことから改名して「浮見堂」となりました。鶯池に自らの六角形の黄金の影を落とす様は幻想的ですばらしく奈良では有数のデートスポットとなっています。すぐ横には貸し出しのボートもあって、昼間には船に乗るカップルや、浮見堂の中で語り合うカップルが多くいます。またときおりコンサート等も行われています。
浮見堂から3、4分歩くと春日大社一ノ鳥居が見えてきます。興福寺と春日大社の境界になりここから長い春日大社の参道が始まります。創建は836年ですが、現在の鳥居は1962年(昭和37年)に大補修されたものです。ここのライトアップも美しいのですが、このすぐ横に信号があり、信号の光が強すぎるのが少し残念ですね。でもここは明治時代には交差点はなく、大木が生える山道でひっそりと一本道が続いていたそうです。
近鉄奈良駅から 徒歩で16分
市内循環バス7分「大仏殿春日大社前」下車徒歩5分

ライトアップ時期は
7月1日〜10月31日
(時間)
7月1日〜 8月31日 PM7:00〜PM10:00
9月1日〜 10月31日 PM6:00〜PM10:00
>>奈良県の観光地図の拡大図はこちら >>行き方を調べる(Yahoo!路線情報)
>>春日大社 >>春日大社(奈良ネット)
>>奈良市観光情報センター >>ライトアッププロムナードなら(奈良商工会議所)
>>奈良県観光連盟 >>奈良県観光情報 大和路アーカイブ
ライトアッププロムナードその2へ ライトアッププロムナードその4へ
3/4
このページを印刷する時の注意点はこちら
Copyright(c) 2017 Kasugano All Right Reserved.