毎年2月14日、バレンタインの日ですが、ここ長谷寺では、修二会の行事としてだだおしが行われます。この日にしかでない牛玉符(ごおうふ)のお札を買うと、座ることができて、そのまま法要が聞けます。又参拝者の額に無病息災の宝印を押してもらえます。多くの参拝者がこれを押してもらっていました。そしてこの法要の後ほら貝や太鼓が打ち鳴らされる中赤・青・緑の鬼が大松明を持ち境内を走りまわります。長谷寺の人の説明によると酒飲んでるらしくふらふらの鬼が火のついた松明振りまわすから危ないです。
 
しかも鬼は観客やカメラマンに突っ込んでくるので迫力満点。
顔の手前10cmくらいまで鬼の顔が接近してきます。写真撮影はピントが合いにくいので一苦労です。又火の粉で服に穴あけている人もたくさんいましたね。長谷寺の人もお堂が燃えないように必死で火の粉の消化活動してました。隣のおばちゃんあまりの突然さが受けたのでしょうか、爆笑してました。これはかなりおもしろいお祭りです。
近鉄大阪線長谷寺駅より徒歩20分
拝観料500円
駐車場500円

だだおし
PM 3:00〜法要
毎年時間が変わるので確認要

詳細はこちら
長谷寺のページ
>>奈良県の観光地図の拡大図はこちら >>行き方を調べる(Yahoo!路線情報)
>>長谷寺 >>奈良県観光情報 大和路アーカイブ
>>奈良県観光連盟  
 
このページを印刷する時の注意点はこちら
Copyright(c)  2017  Kasugano All Right Reserved.