京都府と奈良県の県境付近にある当尾の里は、花崗岩の岩石が豊富にあったことから、都の名匠らが彫った立派な断崖仏が多く存在します。ここを探索していると日常の生活を忘れ、石仏の表情に癒しを感じさえします。
また途中に岩船寺と浄瑠璃寺があり、ここは必ず見ておいた方が良いでしょう。特に浄瑠璃寺の九体阿弥陀如来像(国宝)の年代を感じさせない美しさは感動します。コースのいたるところには野菜や果物、花などの無人販売があり、楽しく散策することができます。

春、夏、秋の開山時期はハイキングに最適です。標高300mほどの山は世界遺産の春日山原始林の隣にあります。自然に恵まれ、奈良公園の鹿も生息している山です。春は桜、夏は涼みに、秋は紅葉を眺める場所として人気があります。又冬には若草山の山焼きが行われ、四季を通じて多くの観光客が訪れます。またドライブウェイから行く頂上の夜景は新日本三大夜景に選ばれているほど有名なスポットです。
Copyright(c)2017 Kasugano All Right Reserved.