曽爾高原
曽爾高原 写真
 ここ曽爾村にある曽爾(そに)高原は奈良県と三重県の県境に位置した国立公園です。標高は約900mで倶留尊山(くろそやま)と亀山の山肌が高原になっています。曽爾高原の秋は一面見渡す限りのススキが群生しており風によってこの銀色の穂が揺れる様子はそれは見事で、多くの観光客がここを訪れます。この高原のススキは曽爾村の萱葺き屋根の材料として長年使われていたのですが、瓦やトタンが普及し年々使用量が減り、又杉などの植林で高原消滅の危機もあったようですが、この景観を残す為に奈良県に保護を嘆願し守られるようになりました。
曽爾高原 写真
曽爾高原 写真
 真夏でも25℃程度で年平均気温は13℃の冷涼多雨地帯で、秋は少し涼しく登山をするのに良い気候かもしれません。整備されたハイキングコースを上っていくと、高原中央にひょうたん型はお亀池と呼ばれる池が見えてきます。日本昔話のお亀伝説など数多くの伝説があるこの池は一節では火山の火口とも言われています。現在は土砂の流入などがありますが雨水と湧水で湿地化し今では湿地植物の宝庫となっているようです。またこのあたりの湧水群は平成の名水百選に選ばれるほどで地元の水道に利用されている他、この水を利用した地ビール作りも盛んです。
曽爾高原 写真曽爾高原 写真
 道が整備されているので駐車場からだと20分くらいで亀山峠に着きます。この峠から倶留尊山と亀山に分かれるのですが、ここからは岩むき出しの少し険しい道になります。しかも山越えの風も強く足元には気をつけないと危険です。亀山方面は遊歩道があり山をぐるっと回って降りることができます。倶留尊山の山頂付近は途中から私有地になるので山頂まで行くには入山料が要ります。
曽爾高原 写真
 夕方、日が沈む前の20分くらいの一時ススキの穂は夕日の逆光を浴び黄金色にそまります。この風景を撮るためにカメラマンがひしめきあっていました。10月の穂が開きたてのときも良いのですが、11月中盤の穂が開ききって状態も銀色の絨毯のようで美しいようです。又夏の風景や冬の星空観測もお勧めです。草原やススキなど見た目が若草山にも似ているこの山は、3月には山焼きも行われるようです。こちらは昼間行われるようですが、ススキ以外の植物の成育を抑えるのと、発生した灰を肥料にする目的があるようです。
曽爾高原 写真
 日が暮れるとお亀池周辺には「曽爾高原 山灯り」として灯籠が灯ります。平成15年より行われています。普通だと夜真っ暗になってしまうのですが、山灯りでお亀池とその周辺のススキの穂が浮かび上がります。そして空の色が夕日の茜色からゆっくりと深い青色に変わり幻想的な風景に時間を忘れてしまいそうになります。このイベントは10月の途中で終わるようですが、夜の帰り道に灯りがあるのは安心できるのでもう少し続けてほしい気もします。帰りは温泉「お亀の湯」に浸かって疲れを癒すのが定番です。
曽爾高原 写真
 2009年曽爾高原のレポートです。おススメの過ごし方書いておきましたのでご覧下さい。
情報
  • 曽爾高原山灯り開催日
  • 9月下旬〜10月中旬 >>詳細はこちら(開催予定などはトピックスに掲載されます)
  • 駐車場
  • 有料駐車場有り 乗用車 600円
  • 倶留尊山入山料
  • 二本ボソ〜倶留尊山頂 大人500円
  • お問合わせ
  • 曽爾村観光協会  TEL 0745-94-2101
  • 備考
  • 秋は日が暮れるとかなり冷えます。防寒着持って行きましょう。
    秋のお亀の湯は土日昼間は相当混んでいます。お店に確認しましょう。
    お亀の湯専用番号 TEL 0745-98-2615
地図・アクセス
曽爾高原地図
アクセス方法
近鉄名張駅下車三重交通バスで 約45分
又は、近鉄榛原駅より奈良交通バス 約60分

車なら西名阪針インターで降りて国道369号線経由約60分で着きます
関連リンク
 携帯に地図を転送できます。左のQRコードより携帯に読み込みアクセスしてください。携帯に地図が表示されますのでご活用ください。
※拝観料や入場料、時間などの情報は変更になっている場合がありますので、お出かけの前に事前に各社寺や観光センターにお問い合わせ下さい。
トップへ
秋の観光 | 春日野奈良観光トップ
作成日 2008年10月20日
最終更新日 2010年10月09日