東大寺二月堂 十七夜盆踊り
東大寺二月堂 十七夜盆踊り 写真
 東大寺の二月堂といえば「修二会(お水取り)」の行われる場所として有名ですが、毎年9月17日には「十七夜盆踊り」が開催されます。毎月17日は観音様の縁日であり、特に旧暦の8月17日は「十七夜」(じゅうしちや)とよび各地の観音霊場では催しを行っていました。
  ここ二月堂でも約300基の灯明・灯籠がともされます。灯明は終日灯され、灯籠は6時から9時の間、二月堂の階段や回廊をロウソクのやさしい光が照らします。そして灯籠の点火と共に日が落ち、法要が営まれお経の声が響いてきます。
東大寺二月堂 十七夜盆踊り 写真
 二月堂に上がると、回廊に整然と灯籠が並べられて幻想的です。灯籠には人々の願いの書いた紙が貼られ4つのロウソクで灯されます。その灯りが木の回廊や欄干を照らし出しより立体感のあるように見えます。天井から釣燈籠や二月堂独特の大きな丸い提灯も点灯すると、まるで昔にタイムトリップしたような雰囲気です。
東大寺二月堂 十七夜盆踊り 写真東大寺二月堂 十七夜盆踊り 写真
 法要の後は、河内音頭・江州音頭による盆踊りが開催されます。会場は三月堂と四月堂の間に特設会場が作られ、歌、コーラス、演奏もすべて生なので、本格的に盆踊りを踊りたい人には打ってつけです。この行事は奈良では「盆踊りの踊り納め」の行事なんだそうで、これに向けて各地から観光バスで踊り手がここに終結して来ます。
東大寺二月堂 十七夜盆踊り 写真
  どうもグループがあるようで、衣装が派手に統一されています。踊りがうまく、しばらく見ていたくなります。9月の盆踊りはちょっと不思議な感じもしますが、最後というだけあって気合いが違うようです。 もちろん一般にも自由に参加して踊れるので、見よう見まねで踊ってみると、いつからか一体感が生まれ楽しくなってきます。十七夜はわざわいがのぞかれ、秋の豊かな実りを願い、合わせて家族の幸福、子孫の繁栄をお祈りする行事です。そして盆踊りは元々先祖の供養のために行われた行事で、それが重なっているのだなと感じました。
東大寺二月堂 十七夜盆踊り 写真
 このお祭りは江戸末期にはあったようです。一時期中断していましたが、平成5年にみなさんのご努力により復活したお祭りです。この威勢があり一体感のある踊りの輪を見ると、ご先祖に感謝し人々の幸せを願う気持ちはみんなで持つことが大切なんだと思います。盆踊りの行事は全国的に見て年々減って行く傾向にあるそうです。しかしこの二月堂の盆踊りはこれからも盛り上げていってほしい行事です。
東大寺二月堂 十七夜盆踊り 写真
情報
  • 二月堂十七夜盆踊り
  • 9月17日 PM6:00 法要
    PM6:30〜PM9:00頃 盆踊り(参加自由)
  • 駐車場
  • 東大寺の駐車場はありませんので近隣の有料駐車場利用。
    登大路南駐車場 AM6:00〜PM10:00  乗用車 1,000円  今小路駐車場 三井リパーク 12H以内 500円
  • お問合わせ
  • 東大寺 TEL 0742-22-5511
  • 備考
  • 一部夜店が出ます。
地図・アクセス
二月堂地図
アクセス方法
JR・近鉄奈良駅より奈良交通バス「今小路」下車、徒歩12分。
関連リンク
 携帯に地図を転送できます。左のQRコードより携帯に読み込みアクセスしてください。携帯に地図が表示されますのでご活用ください。
※拝観料や入場料、時間などの情報は変更になっている場合がありますので、お出かけの前に事前に各社寺や観光センターにお問い合わせ下さい。
トップへ
秋の観光 | 春日野奈良観光トップ
作成日 2008年09月30日
最終更新日 2009年10月29日