飛鳥の代表的なお寺の一つに飛鳥寺があります。ここは596年蘇我馬子が発願して創建された日本最古のお寺です。寺名を法興寺、元興寺、飛鳥寺、で現在は安居院と呼ばれています。奈良市にある元興寺は平城遷都と共にこのお寺が移されたものです。このお寺はひっそりと建っていますが、近年の発掘調査では、東西200m、南北300m、金堂と回廊がめぐらされた大寺院であったようです。現在の建物は江戸時代に再建した講堂(元金堂)のみを残します
 講堂の中には、本尊飛鳥大仏が祀られています。606年に推古天皇が中国渡来した鞍作止利仏師に造らせたそうで、東大寺の大仏よりも150年年上で、顔を比べると東大寺大仏よりもきつい感じがします。又、飛鳥大仏の特徴として手の指と指の間には水鳥の足のようにひだがついていて繋がっています。これは、何人たりとももらさず救い上げるという仏の教え表しているそうです。この飛鳥大仏は2度の金堂消失と一時期雨ざらしにされていたことによりかなり破損し、頭と指しかなかったのですが発掘により、様々な部分を見つけ修理していきました。つぎはぎが見えるのはその為です。
又ここは大化の改新を起こした中大兄皇子と中臣鎌足が蹴鞠会で最初出会ったと伝えられています。蘇我入鹿を天皇の前で暗殺して大化の改新となるわけです。蘇我氏のお寺ということもあってお寺のすぐ横に、入鹿の首塚がありました。当時は蘇我氏の立派なお屋敷が多くあったそうですが、現在は田んぼの中にひっそりとしています。
近鉄橿原神宮駅下車
岡寺前行バス10分
飛鳥大仏下車

又は近鉄橿原神宮駅下車 徒歩40分

拝観料大人300円

飛鳥大仏は写真撮影可能

>>奈良県の観光地図の拡大図はこちら >>行き方を調べる(Yahoo!路線情報)
>>飛鳥保存財団 >>国営飛鳥歴史公園
>>明日香村 >>飛鳥資料館
>>奈良県橿原考古学研究所 >>万葉文化館
>>奈良県観光連盟 >>奈良県観光情報 大和路アーカイブ
 
このページを印刷する時の注意点はこちら
Copyright(c)  2016  Kasugano All Right Reserved.