亀石からさらに東に進むと、彼岸花が咲き誇る田んぼの真中に突如現れるお寺があります。聖徳太子誕生の地に太子自身が創建とされる橘寺(たちばなてら)です。この橘とは日本書紀によると田道間守(たじまもり)が垂仁天皇の勅命を受けて不老長寿の薬を求め、海を渡り十年後にある種を持ち帰りました。しかし、その時はすでに天皇は亡くなっていたそうです。しかたなく、その種をこの地にまくと芽が出たのが橘(みかんの原種)であったことから、以来この地を橘と呼ぶようになったそうです。そしてここに橘の宮という欽明天皇の別宮が建てられ、太子はここで生まれ子供頃を過ごしていました。
 ほとんどの建物は火事で消失してしまい。現存するものは、江戸時代に徐々に再建されたようです。右の写真は太子堂と呼ばれいる本堂で、元々は講堂でした。中に安置されている本尊は聖徳太子35歳の像(重文)で太子の彫刻としては最も古いものです。収蔵庫には聖徳太子絵伝があり必見です。太子の生涯が屏風に描かれ8幅あるそうなのですが、その内の第3幅、第4幅が展示してあります。太子の11歳から20歳までの様子がよくわかります。
残りの屏風は奈良国立博物館が所蔵し、特別展などで公開しているようです。
あと、ここ橘寺にも飛鳥時代の不思議な石造仏二面石があります。背中合わせの二つの顔はそれぞれに人の心の善悪を象徴しているそうで、左が善の顔、右が悪の顔です。元々はここにはなく、近年ここに運ばれてきたようです。それにしても飛鳥は不思議な石が多いです。
近鉄橿原神宮駅下車  岡寺前行バス10分
岡橋本下車徒歩3分 又は近鉄吉野線飛鳥駅下車
橘寺へ徒歩30分

拝観料 大人350円
>>奈良県の観光地図の拡大図はこちら >>行き方を調べる(Yahoo!路線情報)
>>飛鳥保存財団 >>国営飛鳥歴史公園
>>明日香村 >>飛鳥資料館
>>奈良県橿原考古学研究所
>>奈良県観光連盟 >>奈良県観光情報 大和路アーカイブ
 
このページを印刷する時の注意点はこちら
Copyright(c)  2017  Kasugano All Right Reserved.